残りの借金5,200,000円

妻に借金を打ち明け、信頼回復とともに人生再建を目指す記録です。

MENU

むかつく。

こんにちは。かばです。

 

昨日も副業のアルバイトに行きました。

 

暇なときは座っているだけでお金がもらえるhappyなバイトです。

 

しかしながら電話が鳴りやまない、耳が遠い、攻撃的な方と相対すると途端に様相が変わります。

 

最初は気にすることなく対応していましたが、今になってたくさんの何故が浮かび上がります。

 

なぜ注文する側の人がそんな偉そうに話し方になるの?

おれが買うからお前らが儲かるんじゃ!感謝せえ!的なもの?

常にマウント取らないと気が済まないの?

 

前の記事でも書きましたが、時代錯誤甚だしいです。

www.korekarahappy8.com

 

 

もちろん、某キー局が「嫌なら見るな」といって視聴率が低迷したことは記憶に新しいことです。

 

 

いや、みんなそう思ってるって。

 

現場としていいものを作っているつもりがけちょんけちょんに言われて。

 

もちろんニーズから外れていることはあると思いますが、どこまで偉くなったんでしょうか

 

なんか最近おかしいと思う。世の中の流れが。

 

匿名が凶器になる時代

 

大きな原因だと思われるのが、匿名性。

 

ネットの発展により、これまでの不満が形として現れるようになった。

 

自分の意見をいうならいいと思いますよ。

 

「今回はここが微妙だったな」

 

とか、

 

「あんまりレベルが高くない回やったな」

 

とか。

 

これは意見です。

 

 

ですが、暴言等の誹謗中傷。

 

 

人殺してますよ?

 

 

自分が言った発言に責任がないから、直接の因果関係がないから。

 

そうかもしれません。

 

ですが誹謗中傷した方が亡くなって、原因として日ごろからの誹謗中傷、暴力に悩んでいたとわかればどう思いますか?

 

今の人たちは、心に余裕がなさすぎる。

 

 

私もそうです。

 

電話先のお客様に対して心の中でたくさん暴言吐いてますよ。

 

余裕ないですから。

 

けれども、言葉にして、文字にして人を傷つけることは絶対にしたくない。

もちろん、暴力も。

 

なんでも自分がよければいいんですか?

 

ちょっとは思いやりませんか?

 

お年寄りに席を譲ったり、道案内をする傍ら、偽善だと裏で嘲笑う方。

 

格好悪いのは貴方ですよ。

 

 

今の日本はいいことをしようとしてもこの少し性格が曲がっている方々がぎゃーぎゃー言うためしたいにも関わらずできない状況。

 

 

だっさい国。

 

でもこんなことを言いながらなにも行動できない自分が一番ださい。

 

行動できない言い訳を探す自分が一番ださい。

 

 

そういえば、3年A組ってドラマあったね。

 

菅田将暉さん、めっちゃええこと言うてた。

 

その時はみんな考えさせられてたと思う。

 

あっという間にそんな風潮なくなったな。

 

変わらんわ。法律でガチガチにネット縛り上げな。

 

そう意味では中国ってすごいかもね。そういうところだけ。

 

 

匿名で言いたいことだけいって延々と足の引っ張り合いをする人達。

 

何も変えることができないのが悔しい

自分も、周りも。

 

暴言の定義を改めて考え直す必要もあるかもしれませんね。

言われたら傷つく言葉ってなんやろうから始めるとか。

 

 

すみません、愚痴が過ぎました。

 

 

以上

 

 

 皆様の「ポチっとする30秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

 

気持ちの浮き沈み。

こんにちは。かばです。

 

今年になってから著名な有名人の方の自殺が相次いでいます。

 

きっと私たちには到底分かり得ない事情を抱えながら懸命に仕事に取り組んでいたのだと思われます。

 

亡くなられた方々にご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

さて、今日は秋晴れのとてもいい日柄。

 

外で子供がはしゃぎ駆けまわっている様子も伺えます。

 

気温もだいぶ秋らしくなってきました。

 

食欲の秋。読書の秋。スポーツの秋。

 

いい季節だなと思います。

 

しかしながら、こんないい季節を前にして、気分が優れません

 

妻に何度も言われた言葉。

 

「ギャンブルなんかしていなければ、美味しいものをたくさん食べれたし、レジャーも楽しめたし」

 

「何よりも何気ない日常がかけがえのないものだった」

 

 

私は借金を抱える身です。

 

行きたいところもたくさんあります。食べたいものもたくさんあります。

 

 

でもその希望に応えることはできない

 

今アルバイトで得た給料も、全て借金の返済に消える。

 

毎月5万稼いだとして、1年で60万。

 

5年で300万。

 

 

300万あれば、海外旅行で豪遊できる。

300万あれば、新車のSUVが買える。

300万あれば、家の頭金にできる。

300万あれば、妻ともども贅沢ができる。

 

300万あれば、300万あれば。

 

 

 

 

バイトをするたびに、後悔しかありません

 

 

今少額での借金で悩まれている方。

一人で抱え込んでいる方。

 

絶対に火は小さいうちに消すことが最善です。

 

私は、気づけば消火することが不可能になるまで放置しました。

 

 

臭い物に蓋をする

現実から目を背ける

 

 

お願いします。

 

現実と向き合って、合理的な解決を目指してください。

 

こんな思いを抱えながら人生を生きるなんて、悲劇以外なにものでもありません。

 

一人でも借金で苦しむ人が増えないことを、ただただ祈るばかりです。

 

 

最後にもう一度だけ。

 

 

300万あれば、500万あれば、なにができますか?

 

 

副業行ってきます。

 

 

 皆様の「ポチっとする30秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

お客様は神様。

こんにちは。かばです。

 

news.yahoo.co.jp

 

朝起きたらこんなニュースがTwitterのトレンドにあがっていました。

 

コロナなのになんでこんな人が多いんだとあるお客さんが怒鳴り込んだそうです。

 

こんなことを言いたくないけど、上の世代の方がこんなことを起こすイメージが強いです。(あくまでも個人的な主観です)

 

そもそも神様って、上空から人々を見守り、何かあったときに守ってくれる存在ではないのでしょうか。

 

その神様が人々にふんぞり返って偉そうにするって、おかしくない?

 

朝から少しモヤモヤするニュースでした。

 

副業の選択肢

 

昨日、あるデリバリー店のアルバイトの面接に伺いました。

 

結果的に合格ということで、コールセンターとデリバリーの二刀流ということになりました。

 

f:id:korekarahappy:20200925134051p:plain

 

今日は、ある文化施設の面接に行きました。

 

結果は出ていませんが、いい印象は残せたかなと思います。

 

お客様のアテンドをしたり、設備の紹介をしたりするといったお仕事だそうです。

 

人と仕事の話をすることは苦ではないので、このような仕事は時間を持て余すことがないのでやってみたい仕事だなと思いました。

 

もし、採用となればアルバイトを3つ掛け持ちすることになります。

 

シフト作成が悩ましくなりますが、どれも選択肢として残しておきたいと思っています。

 

私がアルバイト先を探し続ける理由。

 

それは楽して稼ぎたいから。

 

 

楽して稼ぐことがよしとされない理由

 

これは先程のお客様は神様理論にも通じるところがあるのではないでしょうか。

 

人は苦しんで稼ぐことを美とされているところがどことなくあると私は思っています。

 

しかしながら、それは本当に正しく、あるべき姿なのでしょうか?

 

世の中の仕組みとして、楽をして稼ぐことは、悪事を働かない限り、そうそうないものでしょう。

 

しかしながら、自身のスキル・強味と照らし合わせて有利に働くバイトは探せば見つかると思います。

 

逆に自身の弱みから、「こんなことできない」と積極的に仕事に応募されない方もいらっしゃると思いますが、もったいないことだなと感じます。

 

やってみないとわからないことだらけの世の中です。

 

自分では合わないと思っていることが、実は才能があって天職になったり。

 

とにかく、やってみないと楽か辛いかなんてわかりません。

 

今はとにかく気になったバイトを経験し、内容を吟味して本業の負担にならないように借金を減らすことに注力していきます。

 

せっかく本業のあとにさらに働くのであれば楽なバイトで楽に稼ぎたい。

 

体と心の消耗を極力減らし、次の人生に向けステップアップします。

 

以上。

 

 皆様の「ポチっとする30秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村