人の面をした屍

みたいなもんです。

 

今朝宇多田ヒカルさんの「真夏の通り雨」を聴いて気分が最高にブルーになったかばです。

 

 

めっちゃええ曲なんですけど、情緒不安定になる曲笑

 

世の中、誰かを引っ張ることができる、リーダーシップがある人や慕われる人が人生の幕を閉じるのが早すぎる。

 

日本を支える、世界を支える人が、あっという間に幕引きしてしまう。

 

対して、大きな仕事をしないで要職に就き、没落するまでしがみつこうとする人が長生きしたり。

 

私も後者の一人。要職でもなんでもないちっぽけな一社員ですが。

 

なんの役にも立てない自分は、身体だけは丈夫。

 

世の中は不条理だと感じることばかり。

 

神様からしたら、人間が定める「優秀」なんて定義はないんかな。

 

ただ無作為に運命を決めつけているんかな。

 

 

ああ、今日も空が青い。

 

無力を感じさせられる澄んだ空。

 

人間なんてちっぽけだ。

一人ではなにもできない。

 

束になって、一団となって何かを成し遂げられる。

 

その束の一員でいいと思ってしまっている自分は、無力なんやなぁ

 

 

はぁ、ため息が止まりません

 

楽になりてえなあ

 

 

 皆様の「ポチっとする5秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

雑記の最新記事8件