思い込みって怖い。

こんいちは。かばです。

 

最近忙しくて他の方の借金ブログを見る余裕がなかったのですが、本日テレワークだったこともあって久々にゆっくりと見ることができました。

 

クズさんが僕のブログを紹介してくださってました

 

気づかずにすみませんでした・・・

 

クズさんのブログはこちらからどうぞ!

 

ちなみに紹介いただいたブログはこちらです。

紹介いただいたブログです/賭けの慣習化

 

 

自分の意見をギュッと詰め込めたいい内容です←自分で言うな

 

 

たまにこんな中身のあるブログ書けるように頑張ります。

 

コメントいただけるともっと頑張れるんですが、なかなかコメントがつかなくて寂しいですね・・・

 

人気のブログには一定のアンチの方が存在すると聞きましたが、やっぱりあんまり見られてないんやろなぁ・・・

 

まぁ万人に受ける内容ではないし、仕方ないと割り切ります(´・ω・)

 

 

話は変わりますが、昨日試験監督のバイトからの配達のバイトでした。

 

配達は雨を全身に受けて散々。疲れましたよっと。

 

 

試験監督のバイトは昨日書いた通りですが、そこで驚いたことが二点ありました。

 

私が担当していたのは、基本的に中学生以下が受験する教室。

 

そこで試験の説明を行って、回答用紙に名前など必要事項を記入する時間があるんですね。

 

 

そこで受験生からの質問で驚かされました。

 

一点目。

 

「自分の生年月日、平成で何年かわからないんですけど・・・」

 

 

困惑しました。恐らく月日はわかるのでしょうが、平成何年生まれかわからないのです。

 

 

これは聞かれた時にとても驚きましたが、よくよく考えると受験票の申し込み書を書くのは基本的に親御さんですよね。

だったらわからなくても当然かな。と自身で納得しました。

けれども、私が中学生の時どうやったかな?と考えさせられました

 

 

二点目。

 

「自分の電話番号、わからないんですけどどうしたらいいですか?」

 

 

意味がわからない。何言ってるんだ・・・?

 

 

でもこれもよく考えたら、今電話番号覚える必要ないもんね。

 

LINEで電話する時電話番号いらんし。

最初に交換しとけば覚えとく必要もないし。

 

 

でも、時代を感じる。ジェネレーションギャップ。

 

私の学生時代は「連絡網」が存在して、そこから実家の電話番号に電話して都合を確認していた。

 

今はLINEで終わりやもんなぁ

 

便利やけど、携帯持ってなかったらハブられるのもなんとなくわかる気がする。

 

 

難しい時代になったと考えさせられた出来事でした。

 

皆様も時代を感じさせられること、なにかありますか?

 

 

 皆様の「ポチっとする5秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

日記の最新記事8件