通院まで後10日。

こんにちは。かばです。

 

タイトルを見て「やっとか。」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

 

GAではなく、病院にてカウンセリングを受け、対策を先生と話し合うことになっています。

 

 

大阪の病院なんですけどね。

カウンセリングまでだいたい一か月半かかりましたよ。

 

 

 

なんでそんなに病院行ってないんだって?

 

 

 

9月16日に電話して、最短での予約日が11月6日。

 

 

約1か月半。

 

 

もちろん、ギャンブル依存のみを扱っているところではない。

アルコール依存の診察も行っている場所らしい。

 

診察まで1か月かかる現状。日本って本当にギャンブル大国なんやね。

ギャンブル依存 536万人 厚労省統計
成人の依存症について調べている厚生労働省の研究班(研究代表者=樋口進・久里浜医療センター院長)は20日、パチンコや競馬などギャンブル依存の人が成人人口の4.8%に当たる536万人に上るとの推計を初めて発表した。
研究班は昨年7月、成人約4000人に面接調査を実施した。その結果、ギャンブルについては、国際的に使われる指標で「病的ギャンブラー」(依存症)に当たる人が男性の8.7%、女性の1.8%だった。海外の同様の調査では、米国(02年)1.58%▽香港(01年)1.8%▽韓国(06年)0.8%――などで、日本は際立って高い。
研究班の尾崎米厚・鳥取大教授(環境予防医学)は「パチンコなど身近なギャンブルが、全国どこにでもあることが海外より率が高い原因ではないか」と分析する。

 

これまでTwitterやブログで「賭けないぞ!」と意気込み、今のところ3か月半程ギャンブルから離れられています。

 

しかしながら、先日スリップ直前まで行ってしまいました。

 

衝動がやってきたよ。

 

なんだ、Twitterやブログで結構なんとかなるもんやん。と思い込んでいましたが、それだけでは越えられない壁は確かにあったようです。

 

 

しっかりと先生に現状の話を行い、的確なアドバイスをいただければいいなと淡い期待を抱いています。

 

決めつけないで、なんでもやってみよう。

 

 皆様の「ポチっとする5秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

雑記の最新記事8件