【借金の記録 十一日目】借金が生まれた日

 

2018年1月13日。

 

 

私は、初めての大勝負を試み、そして負けた。

 

 

こんにちは。かばです。

 

さて、昨日の続きです。

 

 

引っ越し費用の支払いを終え、いよいよ夫婦としてともに生活する日が近づく中、相も変わらず私の貯金は”ゼロ”であった。

 

 

12月。

 

週末は競馬にのめりこむ日々。

 

12月17日。限界が来た。

 

手持ちが、ゼロになってしまった。

 

しかしその日には、どうしても大金を賭けたい馬がいた。

 

その馬は、クリアザトラック。

 

f:id:korekarahappy:20200806172635p:plain

https://umanity.jp/racedata/db/horse_top.php?code=2014105897より引用

 

デビュー時から逸材と称され、クラシックレースには縁がなかったものの、堅実な走りを見せる馬で、前走は同距離で1着と差のない2着に終わった馬。

 

出走するレースを見ると、前に行く馬が少なく、脚質的にも3着以内に来る確率は高いと見繕っていた。

 

 

しかし、賭けるお金がない。

 

 

f:id:korekarahappy:20200806172835p:plain

 

 

 

 

 

 

「借金するしかない」

 

 

私は、クレジットで借金をしていた当時とは違い、初めて消費者金融にネットで申し込みを行った。

 

 

 

A社の申し込み事項を記入し、ベッドの上で連絡を待った。

 

すぐに、携帯の電話が鳴る。

 

「お申込みありがとうございます。数点確認させていただいてよろしいでしょうか。」

 

 

初めての経験に、ドキドキが止まらない。

 

「融資希望が30万となっていますが、お客様の場合ですと50万まで融資可能ですが、いかがでしょうか。」

 

 

考えた。

 

 

30万という数字に、根拠はない。

 

なら限度額まで契約しても問題ないか。

 

 

そうして、50万の融資が可決されたとのメールが届いた。

 

 

その後、無人店舗に赴き、キャッシュカードが発行された。

 

 

あっという間に、50万を借りられるカードが、できてしまった。

 

 

「まぁいいや。今日30万分賭けて、勝ってそのまま解約したらいいねんから。」

 

 

併設されたATMから、30万が出てきた。

 

 

このまま、ウインズに向かう。

 

 

向かう道中は、気分がよかった。

 

絶対に勝てるし、お金もある程度確保できる。勝ち額をさらに増やせるように冷静にいこう。

 

こんな甘い考えをしながら、ウインズに向かう。

 

 

到着し、レース締め切りまでオッズの動向を眺める。

 

予想していたよりも、オッズはつかなさそうだ。つまり、大勢の人が支持している。

 

私の考えを、支持しているのだ。そんなことを考え、複勝に30万を投入した。

 

 

「あとは複勝がどれだけつくかやな。」

 

 

ご存じではない方に補足ですが、複勝は3着以内に入った馬の人気によって、オッズが変わります。

 

例えば、賭けていた馬のオッズが、「1.3~3.5」というオッズになっていたとします。

 

 

そのレースで、人気をしている馬が3着以内を占めると、「1.3倍」に近いオッズで払い戻しが発生しますが、人気馬が全て敗れた場合は「3.5倍」に近いオッズで払い戻しが発生します。

 

この妙味が、複勝の購入意欲を高めるものだと思っております。

 

 

レース発走が近づくにつれ、心臓の鼓動が早くなり、身震いする。

 

阪神第10R 元町ステークス。

 

ファンファーレが鳴り、クリアザトラックがゲートに収まる。

 

 

ゲートが開いた。

 

スタートはまずまず。しかし福永騎手は、前に行くよう、促さない。

冷汗が出る。

 

レースは淡々とした流れで進んでいく。

 

時折、頭を上げながら行きたがる素振りも見られた。

 

「いや、馬券内に来ないなんてことはないやろ。」

 

最後の直線。

 

クリアザトラックは、大外から伸びてくる。

 

よしよし、なんとか3着は確保できそうやな。

 

 

しかし、前でレースを進めていた馬が、粘る。

 

そして、クリアザトラックの更に外から猛烈な勢いで伸びる馬もいる。

 

 

「3着!3着!差せ!差せ!!」

 

 

その時、内から猛烈な伸びを見せた馬が現れた。

まったく人気のなかった、伏兵馬。

 

 

ゴールした瞬間、強烈な汗が噴き出してきた。

 

同時に、寒気がした。

 

どんな空間?暑くて寒い?意味がわからない。

 

 

わずか数分で、30万を失った。

 

茫然自失。

 

その後、言葉にならない言葉を叫び、ウインズを後にした。

 

 

ふと我に返り、思い出した。

 

 

「まだ20万あるじゃないか」

 

 

すぐにコンビニのATMに駆け込み、ネット投票用口座に振り込んだ。

 

 

絶対今日勝って解約するんだ。ここから借金持ちなんてあり得ない。

 

 

その日、私は50万の借金を負うことに、なった。

 

 

 

 皆様の「ポチっとする5秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

借金記録の最新記事8件