NO IMAGE

【借金の記録 十五日目】両親への電話

こんにちは。かばです。

 

ご無沙汰になっていた借金の記録です。

 

 

 

夜の10時頃だろうか。そんな遅い時間にも関わらず、すぐに電話に出てくれた。

 

「どうしたんこんな夜遅くに」

 

話をしなければいけない言葉が、出てこない。

 

喉まできている言葉が、声にならない。

 

 

「またお金のことか?」

 

 

親が確認する。

 

 

 

「そうです。妻の口座からお金を使い込んでしまいました。」

 

 

電話先から声が届かない。

 

沈黙が続く。

 

 

「どれだけ使った?なんでそんなことしたん?」

 

「90万円。貸してもらった50万をなんとかして返したくてこんなバカなことをしました。」

 

 

「あほか!!!50万返すのになんで90万の借金になるねん!また競馬か!?」

 

 

返す言葉はない。

 

 

「申し訳ありません」

 

 

以降、追及はなかった。

 

代わりに、妻の電話番号を教えてほしいと言われたため、電話番号を教えた。

 

「直接妻に謝る」

 

 

涙が止まらなかった。同時に、激しい自責の念に駆られた。

 

 

電話を切った。妻に説明をする。

 

場の空気に耐え切れず、一旦外に出た。

 

 

なんていうことをしてしまったんだ。

 

身内でなければ、犯罪者だ。

 

いや、身内であっても犯罪者だ。

 

 

どれぐらい、外で時間を潰しただろう。

 

しばらくすると、親から電話がかかってくる。

 

 

「とりあえず、使い込んだお金は直接振り込んで返す。」

 

「申し訳ありません。」

 

「妻からは、”あなたのお子さんがしたことは犯罪ですよ?”って言われたわ。本当に情けない。」

 

 

弁解の言葉はない。

 

「もう子供じゃないねんから、こんな情けないことはやめてくれ。いまは体を休めて、しっかりしてくれ」

 

「申し訳ありません」

 

 

「親に何回も謝らせるために育てたんじゃない!!ばかたれ!!」

 

電話が切れた。

 

 

親への借金を返そうとして、更にバカにならない金額の返済を行わせてしまう。

 

私は、なにがしたいんだ。

 

 

家に戻り、妻の様子を確認する。

 

ベッドで既に眠っている。

 

いや、眠っているように見せかけているのかもしれない。

 

 

私は、普段ともに寝ているベッドではなく、ソファで横になる。

 

 

なぜか、すぐに眠れてしまった。現実逃避のつもりだったのだろうか。

 

 

 

翌朝、妻の姿は、なかった。

 

 

 皆様の「ポチっとする5秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。