NO IMAGE

【借金の記録 十八日目】終

こんにちは。かばです。

借金記録の続きです。

 

↓前回の記録はこちら

www.korekarahappy8.com

 

自分には縁がないと思っていた。

 

なんで人生のパートナーとして誓い合った人と別れる道を選ぶのか理解できなかった。

 

 

そう思っていた私が、目の前に離婚届を突き付けられた。

 

f:id:korekarahappy:20200730140609p:plain

 

 

あぁ、そうか。

 

世間で流れる離婚の理由として

「嫌いになって離婚した」

「生理的に受け付けなくなった」

 

 

こういうことか。

そらそうか。私だってこんな仕打ちを受けたら当然考えるだろう。

 

 

その時に話した内容はよく覚えていない。

都合の悪いことを忘れてしまう自分の記憶力に嫌気がさす。

 

ただ今でも強く残っている言葉がある。

 

「新婚生活って、こんなんちゃうやんな?一般的な新婚生活ってもっと笑顔がいっぱいで幸せいっぱいなんちゃうの?」

 

涙を流されながら、こう言われたことは覚えている。

 

頭を下げ、謝罪の言葉しか並べることのできない私。

離婚してくれても構わないと何度も言葉を絞り出した。

 

離婚届にサインをし、押印する。

 

これで終わるんだ。

 

ご両親になんて言おう。幸せにするって言いながらなんて嘘をついたんだ

 

 

そんなことを考えながら、時が過ぎていく。

 

 

「離婚はしないから」

 

「親や友達に夫が借金していましたなんて簡単に言えると思う?しかも新婚で。言えるわけないやん」

 

妻は続ける。

 

「ここからはかばの態度で示して」

 

「仕事で危険物の資格必要って言われてたよね?それを次回の試験で合格できなかったら離婚するから」

 

 

話し合いは突如終焉を迎えた。

予想だにしない展開に、心に動揺が広がる。

 

と同時に、この生活を終わらせたくない。

妻にこれ以上迷惑を掛けたくない。

 

 

「絶対にこれから競馬をしない」

 

妻にそう告げ、生活はリスタートされた。

 

ここから絶対に妻を幸せにしてみせる!!

 

私は不器用ながらも家事を妻の指導を受けながら覚えていき、同時に資格取得のための勉強を始めた。

 

期間としては2か月ほどしかなかったが、参考書を開き、学生時代以来となる勉強に集中した。

 

そして迎えた合格発表。

 

結果として、資格を取得することができた。

 

妻は喜んでくれた。

 

よかった。期待に応えることができた。

 

「これからも頑張ってね」

「頑張ります。」

 

そう二人で話せるまでに関係は改善された。

子供の話をしたり。幸せな日常に戻りつつあった。

 

これからまだ新婚旅行が控えているし、いずれ結婚式も挙げたい。

そのためにも仕事を頑張るぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今思えば、この時点で借金の対処方法を間違えていなければ、今の状況はなかったのかもしれない。

 

今でも後悔しかない。

 

なぜあの時もっと苦しい思いをしてでも借金を自力で返済しなかったのか。

なぜあの時許してもらえたと勘違いしてのうのうと生活を送ったのか。

なぜあの時お金がないことを素直にカミングアウトすることが習慣化できなかったのか。

 

いくらでもなぜ、なぜ、なぜが出てくる。

 

それは妻と話しても何回も出てくる「キーワード」。

 

「絶対に今後競馬をしない」

 

紙切れよりも薄っぺらい、自分の意志。

 

しないために何をするべきだったのか。

もちろん、妻からは依存症の病気に通院することを提案された。

 

しかし私は、

 

「依存症の人と話をして何が改善されるのか」

「そんな場に出る自分が恥ずかしい」

 

そんなくそみたいなプライドが、病院に通うことを拒んだ。

 

今だから言えます。

一日に10万、100万負けてもギャンブルで取り返そうとされる方。

少額でも負けたものを取り返そうとギャンブルされる方。

いつでも辞めれると思われている方。

 

依存症です。病院に行くなど対策されることを推奨します。

 

私は今Twitterにて依存症と闘われている方々とつながりを持ち、日々の状況を報告しながらギャンブルをしない日々を送れています。

 

 

皆様に報告はしていませんでしたが、最近自助グループにも通っています。

月に一度、病院にも通う予定です。

 

 

私は借金を代位返済してもらえるほど、恵まれています。

恵まれていながらも何度も借金をしてしまう。

こんな人にこそ、どこかで依存症と闘われている方々とつながりを持ってほしいです。

 

この病気は、健常者の方々に理解してもらえません。

独りで抱えないで下さい。実は普通にふるまっている人がいても、依存症で苦しんでいる方かもしれません。

 

一人でもギャンブル依存症の方が少なくなるために、このブログが役に立ってもらえると本当に嬉しいです。

 

 

今回で一回目のカミングアウトは終わりです。

 

 

次は二回目のカミングアウトまでを綴っていきます。

 

 

どうか最後までお付き合い下さいませ。

 

 皆様の「ポチっとする5秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。