金銭感覚。

こんにちは。かばです。

最近、モノを購入するときによく考えて購入するようになりました。

金銭感覚の変化

例えば、コンビニで販売されているコーヒー。

一人暮らしをしていた時や、借金を全て打ち明けるまでは何も考えずにポンと購入していました。

たかが150円。今それだけ失っても何も影響ないやん。

まだまだ財布の中には残っているし。

コーヒーだけならまだしも、私は甘いものが大好きですので、ホールケーキをケーキ専門店などで平気で買っていました。

金額でいうと1,000円ほど。

これは、月30,000ほど使えた時期であれば、気にすることではありませんでした。

ですが、以前にもお伝えしたかと思いますが、今の私のお小遣いは10,000円/月です。

これを、1か月5週間あると想定し、毎週2,000円妻からもらえるようになっています。

そうすると、一つ1,000円以上するケーキは超高級品です。

平気で食べていたものが、実はとんでもなく贅沢品であったことを思い知らされます。

また先日、使用しているボールペンの芯のインクがなくなってしまったので替えの芯を買いにいきました。

値段を見ると、100円。

安いやんと思いますよね?

私もそう思っていました。

ですが、改めて考えると、2,000円→1,900円になること、結構心理的な影響が出ました。

財布を開けると、お札が一枚しかありません。

しかもそれは1,000円札。

10,000札なら気持ちが全く違うでしょう。

大富豪のジョーカー並みに安心感あります。

ですが持ち合わせているのは1,000円。

何度見返しても0は増えません。

その1,000円札が一枚消えることに、猛烈な抵抗感を感じます。

そのためにも、残り何日で、これだけ残しておいたら何日後かにラーメンを食べれるな。とか、髪を切りに行くためには二週間貯めておけばお釣りが残るな。とか。

いろいろと先を見越してお金の使い道を考えるようになりました。

心が変わると行動が変わる

これ、あの有名な松井秀喜氏が星稜高校時代に、当時の監督であった山下智茂氏より贈られた言葉として有名ですよね。

心が変われば 山下智茂・松井秀喜を創った男 [ 松下茂典 ]

価格: 1,650円
(2020/09/14 15:05時点 )

感想:4件

最近になり、ようやく言葉の意味を理解できてきたと思います。

できれば、その後の「行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」まで成し得たい。

この先待ち受ける運命なんて誰も知り得ることができないが、少なくとも今の状態や思考を変えることはできるはず。

これまで散々人に迷惑を掛けた人生。

いい方向に向かって大きく舵取りできるように、これからもギャンブルと関わらない行動を続けていきます。

明日からまた借金の記録の執筆頑張ります。

 皆様の「ポチっとする30秒」を私に下さい。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


雑記の最新記事8件