トリキ錬金術とやら。

こんにちは。月のお小遣いの範囲でトリキに行くことすらためらってしまうかばです。

さて、タイトルの件ですね。

トリキ錬金術

GoToイートが始まる前から、抜け道がたくさんありそうだと見られていた今回の施策。

早速問題点を露呈することになりました。

https://www.j-cast.com/tv/2020/10/07396078.html?p=all

鳥貴族に限らず、低価格を売りにしているお店は今後席予約のみを禁止にする方向になりそうですね。

心が貧しい私は、少しでもこの恩恵に与ろうとしていたことが恥ずかしい・・・

ただ、よくよくGoToイートの対象店舗を見てみると、お酒を頼まずに気軽に一品だけ頼めてお会計、というお店も少なくない。

例えば、お好み焼き、韓国料理屋など。

一品とドリンクを注文してお会計でも1,000円以内。或いは1,000円と少し。

最速でポイントが付与されるとされているホットペッパーで予約して、食事をして一週間後にポイントが付与される。

それを一週間ずつ繰り返す。

あれ?食費若干浮くんじゃね?

週に一回は外食できるし。たまには外で美味しいご飯を食べたいという疚しい思いを叶えることができる

でもこれもモラルに逸脱しているものになるのかな・・・

ここまで大々的にポイント搾取の話題に上がって、気軽に予約できるものか・・・

結局どこも中抜きが儲かる

そもそも「予約」を通じてじゃないとポイントが付与されないってところが嫌なんですよね。

予約の業者が搾取する仕組み。

思えば世界中では中抜きをしている業態がたくさんあります。

クレジットカードもそう。最近多く見かけるようになったなんとかペイもそう。

人材派遣もそうですよね。

悪いと言っているわけではありませんよ。

当然中抜きするための維持費等かかりますし。

今回のトリキの件、あるサイトからは「送客手数料」として200円売り上げより差し引きされる仕組みらしい。

広告費も払ってもらい、予約の手数料もとる。

いいビジネスですよね。ほんと考えた人凄いなと感心します。

今回のGoToイート、農林水産省HPにはこのように書かれております。

感染予防対策に取り組みながら頑張っている飲食店を応援し、食材を供給する農林漁業者を応援するものです。

仲介サイトが儲かってますよー。

どうにかならんかと考えましたが、お客さん自身で手続きをしてもらうようにすると、例えばレシートをもとにポイント付与するとなればめんどくさいし、きっとその手続きをするマンパワーでさらに費用がかかってしまうだろうし。

そもそもポイント云々なしにしてその場で何円以上は割引!みたいなことにすれば、今度は店側がめんどくさいとなるし、売り上げの詐称で不正に補助金を受給する店が現れるかもしれないし。そもそも営業していない店がうその申請を上げる可能性も。。

お会計から半額。とかも改ざんされるかもしれませんしね。

結局は今の予約方式で席予約だけを廃止が一番賢いやり方になるんですかね。

店の業態にもよると思いますが、何円以上の線引きは難しいですよね~。

結局はお客さんの良心次第?

政府がこれはOK、これはNGという判断基準を出すまでは、法に触れなければOKの状態が続きそうです。

最終的に、訪れたお客さんの良心次第、といったところでしょうか。

かといって、せっかく政府が用意してくれたこの企画、おめおめとスルーするつもりはありません。

最低限のモラルをもって、最大限のメリットを享受できるように利用していきます。

せめて1,000円以上は、しっかりと食事をとりたいですね。

以上、GoToイートについて思うことでした。

雑記の最新記事8件