CATEGORY

借金記録

【借金の記録 二十六日目】勝負の日

こんにちは。かばです。   借金の記録書いていきます。 ↓前回の記録はこちら 【借金の記録 二十五日目】分岐点   久しぶりに一日で15万円もの大金を失った。 暑くもないのに、体全体から噴き出す汗。 鳴りやまない鼓動。   落ち着け。落ち着け。   そう何度も念じるも体は言うことを聞いてくれない。   どうにかしないと。失った10万円を早く取り戻さ […]

【借金の記録 二十五日目】分岐点

こんにちは。かばです。 借金の記録を綴っていきます。 ↓前回の記録はこちらから 【借金の記録 二十四日目】-30万円 またしてもカードローンを作り、借金を増やしこむ。 なぜだろう。 借金は増えているのに「自分のお金が増えた」というこの感覚。 この感覚が、私を優しく包み込んでくれる。 借金を抱えているという事実を、忘れさせてくれる。 一種の麻薬のようだ。 というよりも、お金はまごうことなく、麻薬だ。 […]

【借金の記録 二十四日目】-30万円

こんにちは。かばです。 三回目のカミングアウトの記録、書いていきます。 前回と違い、借金を30万円残した状態でスタートした、残暑厳しい9月。 私は失業したてなこともあって転職活動に勤しんでいた。 これまでほとんどを現場で過ごした人が、営業の面接を受ける。 一応、新卒で入社した会社では営業をやっていたことを伝えるものの、近年は現場で汗を流していたことから、営業スキルはあってないようなもの。 いや、ゼ […]

【借金の記録 二十三日目】両親の涙

こんにちは。かばです。 よく寝たら気持ちがすっきりしました。 だいぶほったらかしにしてたような気が。 借金の記録です。 ↓以前の記録はこちら https://www.korekarahappy8.com/2020-09-26-200000/ 炎天下の中、快適な車内。 快適さと裏腹に、なんと両親に言うべきかまだはっきりしていなかった。 結婚式の時に、 「これからは心配かけんとってや。」 こう言って送 […]

【借金の記録 二十二日目】打つ手なし

こんにちは。かばです。 ↓前回の記録はこちら 【借金の記録 二十一日目】魔の手 平日のお昼休憩。 私はあるカードローン会社に電話した。 三井住友銀行カードローン。 これから長いお付き合いとなる 氏名、住所、年収情報、会社情報等を入力する。 三井住友銀行から電話が掛かってくる。 内容の確認だ。 丁重な対応。落ち着いた声。 借りることに対して罪悪感がなくなる気持ちになる。 安心して借りていいんだよ。 […]

【借金の記録 二十一日目】魔の手

こんにちは。かばです。 今日も借金の記録綴っていきます。 ↓前回の記録はこちら 【借金の記録 二十日目】再始動の予感 この職場は、以前よりも現場に職人気質の方が多く、たいていの人は年配の方。 当然、話はギャンブルの話も頻繁に行われていた。 「先週スロットで10万負けたわ」 「競馬ほんま簡単やわ」 「合コンの後二次会で・・・」 こんな会話がザラ。 当然、過去にギャンブルをしていたことは話をしたものの […]

【借金の記録 二十日目】再始動の予感

こんにちは。かばです。 昨日に引き続き、記録を残していきます。  ↓前回の記録はこちら 【借金の記録 十九日目】平穏 転職先は、業界では名の知れた会社であった。 福利厚生も整い、給与もいい。 一つ違ったのは、助け合いの気持ちが希薄ということ。 そして、できない人に対しては徹底的に改善させる風潮であった。 入社仕立ての頃は、教育担当の人に毎日業務効率のことで説教を受け、時には人格否定する言葉を投げか […]

【借金の記録 十九日目】平穏

こんにちは。かばです。 借金の記録を綴っていきます。  ↓前回の記録はこちら 【借金の記録 十八日目】終 資格を取得し、仕事に家事もこなしながら過ごす日々が続いた。 その間衝突することもあったが、平穏な毎日を過ごしていた。 仕事のストレスから、体中に蕁麻疹を発症したことはあったものの、それ以外のストレスを感じることはあまりなかった。 その年の7月、新婚旅行でハワイを訪れた。 海外に行くのは二回目。 […]

【借金の記録 十八日目】終

こんにちは。かばです。 借金記録の続きです。 ↓前回の記録はこちら 【借金の記録 十七日目】新たな火種 自分には縁がないと思っていた。 なんで人生のパートナーとして誓い合った人と別れる道を選ぶのか理解できなかった。 そう思っていた私が、目の前に離婚届を突き付けられた。 あぁ、そうか。 世間で流れる離婚の理由として 「嫌いになって離婚した」 「生理的に受け付けなくなった」 こういうことか。 そらそう […]

【借金の記録 十七日目】新たな火種

こんにちは。かばです。 本日は借金の記録の続きです。 ↓前回の記録はこちら 【借金の記録 十六日目】妻がいなくなった日 帰宅するとベッドに妻の姿があった。 妻は起き上がらない。 横たわったままだ。 こちらから心配していたと話をしても、返事はない。 言葉の一方通行。 暗闇に向かってボールを投げかけているようだ。 その日は、一言も言葉を交わさずに一日が終わった。 けれども安否が確認できた。妻が帰ってき […]